MEMBER

あなたにも、
仕事仲間になってほしい。

Ryoichi Wada
和田亮一|エグゼクティブプロデューサー
脚本家・演出家として舞台・イベントを中心に数多くのエンターテインメイントを創作する。 養成所での講師、ウェディングや企業の表彰式など、枠にとらわれず数多のイベントの構成、演出、プロデュースを手掛ける。 2014年それまでのアングラなイメージであったラップという文化を「学校で学べるもの」と一新し、"新たなコミュニケーションの形"・"教育の形"として多数のメディアに取り上げられる。 世の中に現象を生み出し、常に新たな文化を作り出すことを信念にしている。 2018年社会現象となった映画「カメラを止めるな!」原作を手がけた。